058-213-6411

岐阜県岐阜市橋本町2-52 岐阜シティタワー43 3F

岐阜駅近くでインプラント、歯周病、審美歯科治療をお探しなら、歯科i・オーラルクリニックへ。歯科衛生士求人募集中。

歯周病治療

クリニック活動報告

中部インプラントアカデミー

歯科衛生士募集

MOBILE SITE QRコード

今から一緒に予防歯科を始めませんか?

当医院では、患者さんごとに担当の歯科衛生士がつき、むし歯、歯周病治療後、予防のためPMTC(歯のクリーニング)や歯石除去、歯みがき指導、歯ブラシなどのオーラルケア用品の処方などを行いながら、長期的にお口の中の環境を良い状態に保ち、健康な歯ぐきと美しい歯を育てるお手伝いをさせていただいております。患者さんお一人おひとりの最良のパートナーとなることが、私たちの目標です。また、治療の質とケアが患者さんのために最大限貢献できるものと確信しています。

インプラント義歯

歯周病とは

歯周病

歯周病とは、歯と歯ぐき、歯を支える骨などの歯周組織に炎症がおきている病気を言います。まず、歯ぐきの腫れや出血から始まり、口臭を伴い放っておくとやがて歯がぐらついて抜けてしまうということもあります。歯周病はお口の病気にとどまらず、からだのさまざまな病気をも引きおこすことがわかってきました。成人の約8割が歯周病といわれ、「国民病」ともいえる状況です。

では、どうしてこのような病気が進行してしまうのでしょう?

歯周病の直接の原因は歯垢(プラーク)中の歯周病菌ですが、歯周病菌のすみかとなる歯垢をためやすい悪い生活習慣や、疲れや健康状態が悪く免疫力が落ちている状態が重なると歯周病が進行しやすくなります。それ以外の原因として、歯並び、口腔内乾燥、はぎしり、ストレスなども関係しています。

歯周病を予防するためには!

歯周病を予防するには、患者さん自身に歯周病になりにくい生活習慣の改善や、毎日の歯みがき(セルフケア)に加え、歯科医師や歯科衛生士の専門家のサポート(プロフェッショナルケア)も欠かせません。そのためにも定期的なケアが必要になります。当医院では、来院される患者さんの約3割が治療後のメンテナンスで来院され、メンテナンスの重要性を理解していただき、院長、スタッフ一同うれしく思っています。

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トウース・クリーニング)とは?

毎日すみずみまで磨いていても、どうしても歯ブラシの届きにくい所、汚れがたまりやすい所ができてしまい、すべての歯垢(プラーク)を取りきることは難しいものです。ご自身で取りきれないところをPMTCは、特別な訓練を受けた歯科医師、歯科衛生士が歯の表面についた歯垢(プラーク)や沈着物を、専用の医療器械とフッ化物配合研磨ペーストを使って完全に取り除き、歯垢の再付着予防と歯の質を強くするためのフッ素を塗布していきます。

 

PMTC効果

  1. 歯ぐきの状態を健康にします。
  2. 歯を強くし、むし歯の発生や進行をおさえる事が出来ます。
  3. 光沢のある歯を回復することができます。
  4. ホワイトニング後のケアに効果的です。

PMTCは、慎重かつ丁寧に行いますので、とても気持ちがよくお口の中が爽やかになる実感をしていただけると思います。 約1時間 5,000円

フッ素塗布~フッ素について~

フッ素が歯のケアに使われ始めたのはフッ素がたくさん含まれている水道水が供給されている地域の人々にむし歯が非常に少ないということが証明されたからです。
フッ素は自然界にも存在し、海藻類、魚介類、お茶などに多く含まれ、歯や骨を丈夫にする栄養素です。
フッ素がむし歯予防に効果があるのは、歯垢(プラーク)の生成をおさえたり、歯の質を強くし、初期むし歯の再石灰化を促進するからです。

 

フッ素の効果的な応用

  1. 歯科医院や市町村保健センターで3~6ヶ月ごとに高い濃度のフッ素を塗布する。当医院では定期健診時に塗布を行っております。
  2. フッ素配合歯みがき剤の使用やフッ素溶液での洗口を毎日行う。

【1】と【2】を組み合わせることでむし歯予防の効果はさらに高くなります。
また、歯周病治療後の歯と歯のすき間や歯ぐきがやせて歯が長くなった部分にもむし歯にならないようにするためにフッ素塗布は効果的です。

フッ素でホームケア

乳児期から学童期までのフッ素塗布について

3歳頃には乳歯列が完成し、永久歯は6歳頃から萌出し始め、12歳頃には永久歯歯列に換わり生涯の歯の本数が揃います。このようにお口の状態が変化するため歯みがきがしにくい環境にあります。
また乳歯や生えたての永久歯は歯の質が弱いためむし歯のリスクが高く生涯を通じた口腔ケアの習慣を身につけるためにもこの時期は積極的な予防が必要です。

フッ素の使い方

フッ素の使い方

フッ素の使い方には濃度にあわせて使い分けをします。 高濃度のフッ素塗布(9000ppmF)は歯科医院などで年に3、4回定期的に塗布することで歯質を強化します。
また、低濃度(1000ppmF)はご自宅でフッ素配合歯磨剤、洗口液などを毎日使うことで歯の再石灰化の促進とむし歯の抑制が目的です。
ホームケアではむし歯予防のためにお口に残る最低濃度(0.05ppmF)が必要です。フッ素配合歯磨剤で歯をみがくと2時間程度、濃度が保たれます。
寝る前であれば睡眠中は唾液分泌が少なくなるので朝まで長時間保つことができます。
そこで寝る前にフッ素配合洗口液で30秒うがいをすると非常に簡単です。
フッ素は年齢に関係なく乳幼児から高齢者の方まで、むし歯予防の有効な手段として当医院では検診時にフッ素塗布を行っています。